ながら観、ながら食べは良くないのである。

家にいる時間が長くなると、どうしてもTVや動画を注視するわけでもなく流してしまいます。

さらに口さみしいならお菓子を食べるかもしれませんし、時間がきたら食事を摂るかもしれません。

もしダイエットを試みていて、しかし外出ができないが為に運動量が落ちている人は、注意しなければなりません。

テレビをみながらやパソコンを操作しながら食事を摂ると、そうじゃないときに比べて高カロリーの食べ物や飲み物を摂取しがちになることがアメリカの雑誌やイギリスの大学の研究で明らかになっています。

イギリスはブリストル大学の研究では、食事だけをしたグループとゲームをしながら食事をしたグループで比較したとき、ゲームをしながら食事をしたグループは食事の30分後に摂ったデザートで約2倍のカロリーを摂取していたとされています。

また、過剰摂取になるだけでなく、何を食べたのかという記憶が薄れてしまうため、そのあとの空腹感に襲われやすくなるというのです。

これは明らかにダイエットの敵となります。

ダイエットを成功させたいのであれば、なるべくテレビやネットを観ないようにしましょう。

関連記事

  1. ダイエッターのための高度不飽和脂肪酸の働き | フィジオ福岡 ダイエッ…

  2. 高齢者のトレーニングの必要性

  3. 顎関節と姿勢|フィジオ福岡 デスクワークの姿勢をどう変えるか

  4. 「運動が脂質代謝に与える影響とは」

  5. 体重の構成要素と体格指数|フィジオ福岡 ダイエットの科学

  6. 筋タンパクの同化と異化について|フィジオ福岡 同化と異化について考える…

閉じる