ながら観、ながら食べは良くないのである。

家にいる時間が長くなると、どうしてもTVや動画を注視するわけでもなく流してしまいます。

さらに口さみしいならお菓子を食べるかもしれませんし、時間がきたら食事を摂るかもしれません。

もしダイエットを試みていて、しかし外出ができないが為に運動量が落ちている人は、注意しなければなりません。

テレビをみながらやパソコンを操作しながら食事を摂ると、そうじゃないときに比べて高カロリーの食べ物や飲み物を摂取しがちになることがアメリカの雑誌やイギリスの大学の研究で明らかになっています。

イギリスはブリストル大学の研究では、食事だけをしたグループとゲームをしながら食事をしたグループで比較したとき、ゲームをしながら食事をしたグループは食事の30分後に摂ったデザートで約2倍のカロリーを摂取していたとされています。

また、過剰摂取になるだけでなく、何を食べたのかという記憶が薄れてしまうため、そのあとの空腹感に襲われやすくなるというのです。

これは明らかにダイエットの敵となります。

ダイエットを成功させたいのであれば、なるべくテレビやネットを観ないようにしましょう。

関連記事

  1. 摂取カロリー制限と健康長寿|フィジオ福岡 健康科学

  2. サウナの効果

  3. エネルギー代謝について考える

  4. 疲れと自律神経

  5. 骨折治癒の仮骨形成|フィジオ福岡 骨折に対するコンディショニング

  6. 食欲の中枢

閉じる