良質な睡眠に導く①

皆様は、毎日ぐっすり眠れていますか。

寝る前にホットミルクを飲む。

これを習慣化にするだけで、毎日ぐっすり眠ることができます。

温かい牛乳を飲むと自律神経がリラックスし、眠りに入りやすくなります。

そして、ぐっすり眠れるということは、痩せやすくなります。

眠っている間に、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌され、食欲を増進するホルモンのグレリンの分泌が抑えられるからです。

他には、牛乳には熟睡するために必要なトリプトファンという成分が豊富というのも寝る前に飲んでいただきたい理由の一つです。

トリプトファンはアミノ酸の一つで、自然な睡眠を促すメラトニンの材料になり、

ストレスを緩和して、安眠に導く働きをもつセロトニンの材料にもなります。

セロトニンは、ストレスで失われやすいので補給をしてあげる必要があります!

セロトニンの材料であるトリプトファンを効率よく取り入れるためには、このように寝る前のホットミルクを飲まれることをおすすめします。

関連記事

  1. 脂溶性ビタミンを考える|フィジオ福岡 栄養科学

  2. 食欲と脳の関係

  3. 良質なあぶら

  4. 冷え性

  5. 体内時計を整える

  6. リンの過剰摂取

閉じる