ファスティングの本当の目的

『ファスティング』という言葉をよく耳にすると思います。
美肌やダイエット、アンチエイジングを目的にファスティングを定期的にされている方多いのではないでしょうか。

私たちの現状

私たち人間は、進化の過程でこの餓死状態に適応し生き抜くためのメカニズムを遺伝子レベルで作られています。
しかし、現在の日本人の食生活はいつでも好きなものを好きなだけ食べられるという飽食の時代となっています。
ファーストフードやコンビニ食など、私たちが手に取りやすい食品ですが、これらの加工食品を多く摂取してしまうと体内の多くの消化吸収のための酵素(消化酵素)を使ってしまい、ターンオーバーなど代謝活動のための酵素が不足してしまい、代謝活動が停滞してしまいます。

食品添加物、残留農薬、有害物質、遺伝子組み換え食品などの有害物質を私たちは食事を通して体内に取り込んでいるのが現状です。
これらの有害物質は、活性酵素を発生させて腸内を汚し、消化不良を起こし、私たちの細胞を汚して代謝の力を弱めてしまっているとも考えられています。

そのため、ファスティングを行うことにより、脂肪細胞に蓄積された有害物質を排出してくれる美容法として脚光を浴びているのです。

ファスティングの本当の目的

ファスティングは、食事を摂らないことで摂取カロリーを抑え、痩せることだけを目的としているのではなく、一定期間固形物を摂取しないことで疲れた消化器官を休ませ、腸内環境を整え、消化酵素を温存させ、代謝酵素を一気に活性化させて、毒素の排出力を高めていくというものです。

ファスティングを行うことで、代謝の入れ替え、再生、解毒、排泄の全てがスムーズになり、代謝機能が活性化されると考えられているのです。

ご自身の無理のない程度にファスティングを取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

  1. 免疫を高めるために

  2. 骨の強化を心がける

  3. 8月3日は『蜂蜜の日!』

  4. 海藻類を多く含むヨウ素

  5. 入眠障害を栄養面からアプローチ

  6. EPA・DHAの筋トレ効果!

閉じる