腸は全ての基本です!②

前回、腸内環境を整えると、『免疫力の向上』『生活習慣病の予防』『脳も健康になる』『美肌』等の効果があるというお話をしました。

前回は、免疫力の向上と生活習慣病の予防について詳しくみていきましたので、
今回は、腸内環境を整えると脳も健康になり、美肌にもなるというお話をしていきます。

腸と脳の関係

腸には「腸管神経」と呼ばれる神経細胞が数多く存在していると言われています。
腸管神経は脳とつながっているので、腸は『第二の脳』と言われているのです。

リラックスや安心感をもたらしてくれる幸せホルモンの「セロトニン」。
セロトニンの元となる物質の90%は、腸で作られて、脳に届いてセロトニンとなります。

腸内環境が良いとセロトニンが増えて、精神状態が安定してきます。
反対に、腸内環境が乱れるとセロトニンが不足して、イライラや不安感の原因になります。
うつやパニック障害など心の病気にもつながっていきますので、腸内環境を整えるということは大切ですね!!

腸と肌

また、腸は消化・吸収・排泄の器官なので、肌に必要な栄養素をきちんと届けて不要なものをデトックスして腸内環境を整えていきたいものです。

悪玉菌が増えると腸内に腐敗物質が多く発生します。
それらが腸管から吸収され、血流に乗って肌に届くと乾燥やくすみなどの肌トラブルの原因になったりします。
善玉菌を増やすことで、肌細胞に必要な栄養が届き、内側からきれいになっていきます。

善玉菌を増やすには、食物繊維の摂取を増やすことが必要です。
不溶性食物繊維を多く含む、穀類、野菜、豆類、ごぼうや、水溶性食物繊維の大麦、昆布、わかめ、こんにゃくなどの摂取を意識していきましょう!

関連記事

  1. 脂溶性ビタミンを考える|フィジオ福岡 栄養科学

  2. 腸内環境

  3. 総コレステロール|フィジオ福岡 検査数字の見方

  4. 自分に合うダイエットを見つけよう!

  5. 良質な睡眠を導く②

  6. 食わず嫌いやは健康にマイナス?

閉じる