ストレスホルモンの働き

ストレスホルモンと言われているコルチゾール。
トレーニーの方はすごく嫌いな言葉ではないでしょうか?

コルチゾールとは?コルチゾールの働きとは?

コルチゾールは、筋肉の分解を促すホルモンなので、筋肉をつけたり、維持をするためにはコルチゾールは敵と考えられています。

しかし、このホルモンは人間にとって必要なホルモンなのです。
コルチゾールの他の働きとしては、体脂肪の分解を促してくれる、コルチゾールが分泌されることによってアドレナリンの活性が高まり、心拍数が上がることで血流が活性化し、必要なエネルギーを体に送ることができます。

筋肉を落としてしまう作用だけではなく、このような働きがあります。
なくてはならないホルモンの一つですので、上手に付き合っていく必要があるのです。

次回は、コルチゾールがどのような環境の時に多く分泌されるのかについてみていきます。

関連記事

  1. 代謝をあげよう②

  2. アスリート減量

  3. 女性の便秘

  4. 腸内環境の悪化は筋肉を失う!?

  5. ストレスホルモンが1番分泌されやすい環境って!?

  6. 炭酸水の効果

閉じる