尿酸値が気になる方へ②

トレーニーの方で尿酸値の上昇や痛風が気になっている方は、どのような運動・食事に気をつければ良いのでしょうか。
今回は、尿酸値・痛風についての「あれこれ」についてお話していきたいと思います。

運動の工夫も大切

運動で言うと、高強度のトレーニング(ベンチプレスやスクワットなどのウエイトトレーニング)は尿酸値が上がってしまう傾向にあり、軽度の運動(有酸素運動)は尿酸値を下げると言われています。
尿酸値が気になる方は、軽度の有酸素運動を習慣的に取り入れるのも一つの手ではないでしょうか。

プリン体オフのお酒にかえるより、お酒の頻度を減らす

また、プリン体摂取を控えたいという思いから、プリン体や糖質オフのビールを飲まれている方も多くいらっしゃると思います。
糖質やプリン体は、旨味成分の一つです。
これらを取り除くということは、味が落ちてしまいます。それを避けるために、アミノ酸調味料、カラメル色素、人工甘味料、などが入っていますが、これらの添加物を摂取する方が気になるところです。
そのため、たまにお酒を飲まれる場合などであれば普通のビールで問題はないのではないでしょうか。

痛風の症状を改善するには

そして、痛風の症状を改善するためには、深刻な場合は尿酸効果薬を取り入れる場合もあると思いますが、痛風の症状を予防・改善するために、
摂取カロリーを抑えること、プリン体の入っている食材を控えていくこと、水分摂取を2L以上飲むこと(利尿作用により尿酸を積極的に外に排出するため)、精神的なストレスも尿酸値を上げる要因になるためストレスを除去するなども必要になってきます。

食事だけではなく、日々の運動やストレスフリーなども心がけてみてください!

関連記事

  1. お酒と上手に付き合うために

  2. アスリート減量の考え方

  3. ダイエットを成功させるには

  4. 脂質の消化

  5. 鉄欠乏

  6. 糖尿病を予防しよう

閉じる