良質なあぶら

ダイエットの敵だと言われていた「あぶら」。
最近では、良質の油といってエゴマ油、亜麻仁油、ココナッツオイルなどよく耳にするのではないでしょうか。
今回はエゴマ油を詳しくみていきます。

油には、動物性脂肪や乳製品などに含まれる飽和脂肪酸と、植物油などに含まれる不飽和脂肪酸があります。
一般には、不飽和脂肪酸の方がコレステロールになりにくく身体に良い油だと考えられています。

エゴマ油にはオメガ3脂肪酸、α-リノレン酸など必須脂肪酸と呼ばれ食物からしか摂れない栄養素を含みます。
α-リノレン酸は、身体に入るとエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に変化し、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを改善する効果があることがわかっています。
抗アレルギー効果を有効にするには、オメガ3脂肪酸を多く摂るだけではなく、コーン油や肉類などに多く含まれるオメガ6脂肪酸の摂取を控えるなど脂肪酸の摂取バランスをとることが大切です。
その他には、代謝を活発にし、脂肪を燃焼しやすくなる効果、脳機能を改善してくれるので学習機能の向上、脳を活性化して酸化ストレスから神経組織を守る働き、心疾患の予防効果などがあります。

このように身体に良いとされるエゴマ油ですが、加熱して食べると酸化してしまうため、サラダの仕上げにかけるなど加熱せずに使うのがおすすめです。

関連記事

  1. ひな祭り

  2. 子供の体重は母親譲り!?

  3. 七草粥 人日の節句 | フィジオ福岡 七草

  4. プロテイン活用法

  5. コラーゲン

  6. トマトの効果

閉じる