キネティックチェーン

キネティックチェーン

人間が起こす動作は全て、1つではなく複数の筋肉で作られています。

よく例にでるのは片足スクワットです。

非軸脚側の骨盤が下降してしまう「トレンデレンブルグ徴候」の原因は、軸脚側の中臀筋の問題とされてきました。ただ実際には軸脚側の内転筋群、また非軸脚側の腰方形筋なども協同的に片足支持を支えているのです。

よって、動作不良を見つけた際には、関わる筋群が協同的に働いているかを確認する必要があります。

関連記事

  1. 「スクワット」のその前に。

  2. コアスタビリティの定義とエクササイズアプローチ|フィジオ福岡 エクササ…

  3. 筋繊維特性と筋肥大の関係|フィジオ福岡 ストレングストレーニング

  4. 筋肉は働き過ぎると・・・

  5. なぜから始める

  6. 変形性股関節症を考える。| フィジオ福岡 股関節へのアプローチ

最近の記事

  1. 2019.05.12

    人体のテコ

カテゴリー

    閉じる