タンク型の回復装置とは

銀河英雄伝説やドラゴンボールなど著名なSF作品によく見られるタンク型の回復装置。

そうした作品のなかでは、それに入れば疲労回復や数時間分の睡眠が取れるというものですが、現実にもそういった代物がないわけではありません。

日本では酸素カプセルが有名ですが、海外では半世紀以上前に生み出されたフロートタンク(フローティングタンク)が有名なようです。

フロートタンクとは、正式には感覚遮断タンクと言われるもので、フローティングタンクのほかにアイソレーションタンクとも呼ばれています。

このタンクのなかには快適な温度のお湯が満たされており、疲労回復促進に役立つとされるエプソムソルトが溶けています。

そして中は真っ暗になっており、その名の通り感覚を遮断させます。

このフロートタンクは、視覚機能を高めたり、ストレスホルモンレベルを低下させたり、全身の循環機能を高めることができると言われています。

スウェーデンで行われた研究では、痛みの軽減や睡眠の質を向上することが分かりました。

日本でもフロートタンクを設置しているクリニックなどがあるようですから気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. コンパートメント症候群(下腿部)について|フィジオ福岡 下腿部の障害

  2. 動作パターンの質的制御と認知|フィジオ福岡 運動制御アプローチ

  3. ランニングにおけるプロネーションを考える。

  4. リンパの流れに関係する要因|フィジオ福岡 リンパの科学

  5. L-カルニチン摂取が突然死を防ぐ可能性|フィジオ福岡 リスク対策

  6. TFCC(三角線維軟骨複合体)について|フィジオ福岡 手首の障害

閉じる