8時間の睡眠時間が取れない場合の影響

睡眠不足は万病のもとと言われますが、トレーニングを行う場合にも数多くのデメリットが引き起こされます。

一晩の睡眠時間が8時間未満の場合には、体が疲弊するまでの時間が8時間睡眠のときに比べ、最大で30%も短縮してしまうと言われています。

また代謝・呼吸・心臓血管系の機能も低下し、疲労物質の生成は高まり、発汗による体温調節機能、運動能力も落ちてしまいます。

睡眠時間が6時間を下回ると、ケガの発生率も2倍になることを示した研究もあります。

最適な睡眠時間は8時間とよばれ、この8時間のうち特に最後の2時間が重要であるとされており、この2時間で身体と脳がコーディネートされると言われています。

したがって普段から睡眠が不足しがちの人は、まずは8時間睡眠を心がけてみましょう。

そして最後の2時間に目覚めることのないように寝室環境を整えてみましょう。

関連記事

  1. 肩の構造と機能

  2. 炎症のメカニズムを考える|フィジオ福岡 コンディショニング科学

  3. 横隔膜の呼吸機能と姿勢安定化システム|フィジオ福岡 横隔膜の科学

  4. 股関節唇損傷~発生機序と病態~

  5. X脚・O脚の生理的骨形態と幼児期にみられるブロント病|フィジオ福岡 下…

  6. コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状|フィジオ福岡 区画症の処置…

閉じる