間食を食べるなら・・・

皆様は、間食を食べるなら何時ごろに食べていますか?

『間食をする=太る』と思われがちですが、食べるものや量、時間に気をつけていただければ、そうとも限らないのです。

今回は、間食を食べても太らないゴールデンタイムについてお話していきます!

間食のゴールデンタイム

間食を食べても太らないゴールデンタイムは、午後2時〜4時の2時間になります。

私たちは、体内時計を司る時間遺伝子を持っています。
その中には、脂肪の合成を促す『BMAL1』(ビーマルワン)という物質があり、時間帯によって分泌される量が変わると言われています。

この『BMAL1』(ビーマルワン)の分泌量が最も少ない時間帯だと、食べても脂肪になりにくく、太りにくいということですね。
その太りにくい時間帯が、午後2時〜4時の2時間なのです。

太りやすい時間帯

また、『BMAL1』(ビーマルワン)の分泌量が最も増えるのが、夜10時〜深夜2時ごろと言われています。
この時間帯に夕食を食べたり、お菓子を食べたりすると脂肪として蓄積されてしまいます。
気をつけていきましょう。

このように、『間食=太る』ということではなく、時間を上手に味方にして、間食を食べるなら
午後2時〜4時を狙っていかれると良いですね!

関連記事

  1. 女性のダイエット

  2. 代謝をあげよう②

  3. 腸は全ての基本です!!①

  4. 旬の食材 オクラ

  5. バレンタイン

  6. 糖尿病を予防しよう

閉じる