運動前・中・後におけるアミノ酸摂取

運動や筋トレには欠かせなくなってきている、アミノ酸。

運動の前・中・後で摂取したいアミノ酸は異なってきます。

今回はどのアミノ酸をどのタイミングで摂ると良いのかご紹介します。

運動前

運動前は、アルギニンやシトルリンをオススメします。

この2つは、血流改善効果による集中力アップに注目されています。

その他にも、アルギニンは成長ホルモンの分泌や筋肉組織の増強、免疫力の向上に、シトルリンは体内の一酸化窒素濃度の上昇や乳酸やアンモニアなどの副産物を素早く除去してエネルギーの生成を促進する役割があります。

この二つを同時に取ることによって相乗効果があり、特に成長ホルモンの分泌促進や血流促進効果がより効果的に働きます。

その他にも、カフェインは集中力を高めるほかに、脂肪燃焼を助けるとされているためダイエット中の方にはオススメです。

これらをプレワークアウトとして飲むのでしたら、効き始めるまでに30分かかるとされているため、トレーニング開始30分前に飲むようにしましょう。

運動中

運動中は吸収の早い、BCAAやEAAをオススメします。

私たちの体は常に筋肉の合成と分解を行なっていますが、運動中エネルギーが不足すると筋肉の分解が促進されます。

これを防ぐためにも、吸収の早いBCAAやEAAを取ることによって、エネルギー源となり、筋肉の分解を最小限にすることができます。

また、これらに含まれている「ロイシン」というアミノ酸が筋合成スタートのスイッチを押す役割をしているため、筋肉の分解を最小限にするために重要です。

運動中に飲む際に注意しなければならないこととして、一度に大量に摂取しないことです。

吸収が良いので、一度に大量に摂取してしまうとお腹を壊す可能性がありますので、こまめに飲むようにしましょう。

運動後

運動後は栄養補給を行うために、プロテインやグルタミンの摂取をオススメします。

プロテインはみなさん馴染みがあると思いますが、グルタミンは聞いたことがある人は多くないと思います。

グルタミンは、体の中で生成される非必須アミノ酸であり、体内の遊離アミノ酸の60%を占めています。

もちろんタンパク質としての役割を果たしますし、免疫細胞の主なエネルギー源としても働きます。

よって、筋肉の分解を抑制しつつ、免疫力を上げることができます。

1回5gほどが摂取の目安となっており、プロテインとグルタミンが一緒になっているものも販売されています。

筋肉のゴールデンタイムを聞いたことがあると思いますが、これに関しては正しいかどうか定かではありません。

しかし、筋肉の合成は24時間高まりますので、プロテインやグルタミンを摂取するべきといえます。

 

運動前・中・後に適したアミノ酸を摂取し、質の高い運動や筋トレを行いましょう。

関連記事

  1. 鼠径部痛症候群について|コンディショニング福岡

  2. 花粉症

  3. オリンピックの新競技(サーフィン)

  4. 非特異的頸部痛

  5. 固有受容性神経筋促通法(PNF)を用いたトレーニングについて考える|フ…

  6. 時間栄養学とは

閉じる