トレーニングと睡眠の関係

トレーニングをしている方は、毎日の睡眠時間を気にされていますか?

筋肥大効率と睡眠時間には相関関係があることがわかっています。

筋トレが与える睡眠への影響

筋トレが睡眠に与える影響としては、
運動による睡眠開始時の深部体温が上昇することによって、睡眠に入りやすくなったり、
運動によって神経栄養因子が増加し、睡眠の質が改善されるなどと考えられています。

睡眠の質というのは、深部体温の差によって変わってくると言われています。

適度な運動だけではなく食事のリズムや入浴すること、生活習慣の改善、なるべくストレスを除去することも関わってきます。

食事の量とリズムも大切!

食事のリズムと量に関していうと、
摂取カロリーを、朝食・昼食・夕食の中で一番夕食が少なくなるようにすること、
糖質を制限しすぎないことも必要です。
睡眠前は、胃腸の働きを活発にしないように寝る3〜4時間前はなにも食べないようにしていただき、アルコールの摂取も睡眠の質を落とすことに繋がりますので気をつけていきましょう。

筋肥大のためにも、このようなことに気をつけていきながら、毎日7時間〜8時間の睡眠摂取を心がけていただくと、筋肥大に効果的です!

関連記事

  1. たんぱく質摂取量の把握

  2. リンの過剰摂取

  3. 良質なあぶら

  4. 隠れ糖質

  5. 血管年齢を高めよう!

  6. 発酵食品の効果

閉じる