体内時計を整えるためには!?

体内時計を整えて、痩せやすい身体づくりをすることはすごく大切なことです。
体内時計を整えるには、朝食をしっかり食べること、朝日を浴びること、良質の睡眠をとることが必要です。

朝食をしっかり食べることができない方や良質な睡眠をできていない方など多いのではないでしょうか?

体内時計を整えるためには、時間帯によって口に入れる食べ物を意識すると体内時計が整い睡眠の質が上がります。

睡眠をしっかりとることによって、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されて内臓脂肪を燃やしやすい身体になるとともに、間食の食べ過ぎも抑えることができます。

食べ物の消化中は食事誘発性熱産生が働き体温が上がります。
食事をした後に身体がポカポカするのはそのためです。

深部体温が下がる時に、人間は眠りにつくため夕食を食べる時間帯を早めにするか、軽めにすることによって、食べたものを消化してから睡眠に入ることで痩せやすい身体づくりを行うことができます。

また、朝食も簡単な軽めのものでも良いので、必ず朝食を食べるようにしていきましょう。
朝食を食べることによって、体内時計が整います。

関連記事

  1. バレンタイン

  2. 発酵食品の効果

  3. ダイエット中、睡眠は浅くなりやすい!?

  4. 怪我と栄養

  5. バルクアップ中摂って欲しい栄養素

  6. 疲労を感じたら。

閉じる