お酒の影響

自粛も落ち着き、お酒を飲む機会が増え出しているのではないでしょうか?

そこで今回は、おさらいとしてお酒についてお話していきます。

アルコールは、種類によっては違いますが1gあたり7kcalです。
お酒は栄養のないエンプティーカロリーと言われています。

本来、体内でエネルギーが必要になると元々蓄えられていた体脂肪やグリコーゲンが使われるようになります。
しかし、アルコールを摂取することによって元々蓄えられていたエネルギーよりも優先的にアルコールが使われるようになってしまいます。

要するに、アルコール自体が体に蓄積されて太るというよりは、本来使われるはずだった体脂肪が消費されずに体に残ってしまうことによって相対的に太ったと感じやすくなると言うことです。

お酒の『糖質ゼロ』などでも、お酒が少なからず体には影響を与えることには変わりがないので、飲む量には気をつけていかれてください。

関連記事

  1. バルクアップ中摂って欲しい栄養素

  2. 総コレステロール|フィジオ福岡 検査数字の見方

  3. お酒の種類と内臓脂肪の関係

  4. 骨粗鬆症を予防する①

  5. 冷え性 対策!

  6. プロテイン活用法

閉じる