BCAAの効果

トレーニング効果をより発揮したい方は、『BCAA』の摂取を取り入れている方多いのではないでしょうか。

今回は、BCAAの効果・摂取タイミングについて詳しく見ていきます。

BCAAとは

BCAAとは、バリン・ロイシン・イソロイシンの総称でこのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。

BCAAの効果としては、
「筋たんぱくの合成」「疲労の回復」「筋出力の向上」「肝機能のサポート」があります。

バリン・ロイシン・イソロイシンを一つずつ見ていきましょう。
まず、バリンには、疲労回復効果・集中力向上の効果があります。

ロイシンには、筋たんぱく合成のスイッチであるm TORを活性させる。

イソロイシンは、優れたエネルギー効率が期待できます。

このような働きのあるBCAAですが、BCAAの代謝酵素は筋肉中にあるため肝臓では分解されないのが特徴です。
筋肉のみで分解されます。

BCAAの摂取タイミングとは

トレーニング中にBCAAは使われるので、摂取タイミングとしてはトレーニング中がお勧めです。
例えば、トレーニングを1時間行う場合、トレーニング開始15〜20分後に摂取してあげることによってトレーニング後半のBCAAの血中濃度をピークに持っていくことが可能というわけです。

摂取量としては、体重×0.1gとあるので、例えば体重70kgの方は1回あたり7gとなります。

もちろん、筋肥大に関して材料があるという前提で、BCAAを摂取することにより、より良い結果に働きますので、バランスのよい食事をとっていくことは忘れないでくださいね。

関連記事

  1. ビタミンCの摂取を意識する!

  2. 発酵食品の効果

  3. アスリート減量

  4. 不眠症の種類

  5. 疲労を感じたら。

  6. 良質な睡眠をとるための栄養素

閉じる