アルコール=太る!?

『お酒=太る』と思っている方多いのではないでしょうか?

アルコールは1gあたり7kcalと言われています。

お酒は栄養のないエンプティーカロリーです。
炭水化物・たんぱく質・脂質のように栄養として体内に貯蔵されることはないですが、体内で熱エネルギーに変わるのが特徴です。

普通は、体内でエネルギーが必要になると蓄えられていた体脂肪やグリコーゲンが使われるようになります。
しかし、アルコールを摂ると元々蓄えられていたエネルギーよりもアルコールの方が優先的に使われてしまいます。

要するに、アルコール自体が身体に蓄積されて太るということではなく、本来使われるはずだった体脂肪が消費されずに身体に残ってしまうため、太ったように感じるのです。

お酒を飲まれる際は、摂取量に気を付けながら、上手に付き合うことが大切ですね!

関連記事

  1. 虫歯を予防する!

  2. 食べない人ほど痩せにくい!?

  3. 喫煙している方が特に必要な栄養素

  4. たんぱく質摂取量の把握

  5. ビタミンDの働き

  6. コルチゾールの働き

閉じる