ウイルスに負けない体作り

新型コロナウイルスの感染症対策として、マスクをつけることはもちろん、消毒を心がけたり、外出をなるべく控えたりなど、外側の対策はしっかりされていると思います。

しかし、外側の対策だけではなく、内側の対策もとても大切になってきます。

内側の対策とはなんでしょうか?

内側の対策も大切!

内側の対策としては、①質の良い睡眠で心と体を休ませること、②適度な運動を取り入れること
③1日3食バランスの良い食事を心がけること、④水分をこまめに摂取すること
⑤ストレスを溜めないようにすること です。

『①質の良い睡眠で心と体を休ませること』については、睡眠不足や質の悪い睡眠は免疫力の低下に繋がってしまいます。
実際に、睡眠時間が5時間未満の人は7時間睡眠の方に比べて感染症にかかりやすいという研究結果も出ていますので、忙しくてもなるべく睡眠時間と質の良い睡眠には心がけていきましょう。

『②適度な運動を取り入れること』については、血流が悪くなると免疫細胞の機能が落ちてしまうので適度な運動で血流が良くすることが大切です。
普段の生活からウォーキングなどを取り入れたり、ストレッチを行うなどこまめに体を動かすことが必要ですね。

『③1日3食バランスの良い食事を心がけること』については、偏った食事内容になってしまうと栄養不足の原因になってしまいます。
たんぱく質やビタミンなど体に必要な栄養素が不足するとウイルスに対する抵抗力が低下してしまいます。
主食、主菜、副菜、乳製品、発酵食品、果物など1日3食バランスよく栄養摂取できるように心がけていきましょう。

『④水分をこまめに摂取すること』については、体が脱水状態になっていると唾液が減ってドライマウスになることでウイルスが入りやすくなり、体外に排出する機能も低下してしまいます。
1日2Lを心がけていきたいものです。

『⑤ストレスを溜めないようにすること』については、過度なストレスが、内臓や血管などの働きをコントロールする自律神経のバランスを乱し、免疫力の低下につながります。
適度に息抜きを行いストレスを溜めないようにしていきましょう。

このような、内側からの対策も引き続き行いながら、頑張っていきましょう!

関連記事

  1. 冷え性

  2. 体内時計を整えるためには!?

  3. 果物VS果物ジュース

  4. 濃縮還元とストレート

  5. 睡眠の質と栄養の関係

  6. 食品添加物の基礎②

閉じる