栄養フルコース型の食事

「栄養フルコース型の食事」と聞いたことありますか?

アスリートにとって食べることも(栄養素を体に取り入れること)トレーニングの一つと言えます。
栄養の重要性はわかっていても毎日の食事でバランスよく栄養摂取するというのは難しいことですが、簡単にバランスよく栄養をとる方法として、「栄養フルコース型の食事」という考え方があります。

栄養フルコース型の食事は、主食・おかず・野菜・果物・牛乳の5つを毎食そろえるという考え方で、5大栄養素を満遍なく摂取できるというものになっています。

主食には糖質が多く含まれるため、脳と筋肉のエネルギー源が確保できる。
おかずは、たんぱく質、脂質、カルシウム、鉄が豊富に含まれるため筋肉・骨格・血液など身体作りができる。
野菜と果物で、ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂取でき、コンディションを整える。
ということが期待できます。

まずは、主食、おかず(主菜)、野菜(副菜)、果物、乳製品を毎食そろえるということを意識してお食事をしていただくことが大切ですね。

関連記事

  1. インスリン抵抗性

  2. 血管年齢を高めよう!

  3. 妊婦さんに摂って欲しい栄養素!

  4. 女性の便秘

  5. たんぱく質の効率の良い摂取方法①

  6. 高血圧を予防しよう!

閉じる