牛乳やヨーグルトは体に良いのか?

牛乳やヨーグルトは体に良いと耳にしますが、その一方で、牛乳やヨーグルトはカロリーや脂肪が高いという理由で避けている人もいると思います。

実際のところ、牛乳やヨーグルトは体に良いのでしょうか?

乳製品を取りすぎると・・・

アメリカでは、食事ごとに乳製品の摂取を勧めていますが、ハーバードの研究者によると、1日あたり最大で牛乳ですと1〜2杯、ヨーグルトですと170〜450gとしています。

なぜ最大でこのくらいの摂取量としているかというと、乳製品を取りすぎることによって前立腺がんや卵巣がんのリスクを上げる可能性があるからです。

乳製品の摂取量が1日あたり400g増えるごとに、前立腺がんのリスクが7%上昇することがわかっています。

乳製品ごとに見ていくと、牛乳が1日200ml増えるごとに3%、低脂肪乳が1日200g増えるごとに6%、チーズが1日50g増えるごとに9%前立腺がんのリスクが上昇します。

卵巣がんに関しては、前立腺がんほどのエビデンスはないですが、牛乳を1日1杯多く飲むことにより、卵巣がんのリスクが13%上昇する可能性があると言われています。

大人は摂取量に注意を

ある研究結果によると、ヨーグルトの摂取量が多い人ほど糖尿病の発生率が低くなると報告されていますので、一概に乳製品は体に悪いとは言い切れません。

成長期の中学生・高校生に関して言えば、タンパク質を摂取するという観点から乳製品を積極的に取るべきという考え方もあります。

しかし、乳製品の摂取量が増えることによって前立腺がんや卵巣がんのリスクが高まるため、大人に関しては摂取量は程々にすることが望ましいと言えます。

また、日本人は乳糖不耐症の人が多いと報告されており、摂取しすぎると消化不良や腹部不快感、腹痛、下痢、おならなどの症状が現れます。

ですので、乳糖不耐症の方は特に摂取量に注意しましょう。

関連記事

  1. ブルーベリーで目は良くなるのか

  2. 血糖値と高脂肪食の関係性

  3. もはやコーヒーは「見る」ものだ。

  4. 夢の匂い

  5. ブルーライトやナイトモードは果たして。

  6. リフィードという食事法

閉じる