風邪を予防しよう!

寒くなり、体調を崩される方多いのではないでしょうか?

疲れやストレス、睡眠不足や栄養不足などによって体が弱ってしまうと風邪を引きやすくなってしまいます。
体が弱るということは、風邪の原因となるウイルスや細菌に抵抗する免疫機能が低下している状態というわけです。

免疫細胞の材料となるたんぱく質や免疫力を高めるとされるビタミンCを摂っていきたいものですね!
ほうれん草やニラ、ねぎ、じゃがいもなどにもビタミンCは含まれています。

また、せきや喉の痛みなどの症状がある場合には、喉や鼻の粘膜を保護してくれるビタミンAが効果的です。
ビタミンAには、人参、レバーやたら、ほうれん草などに多く含まれています。

風邪を引かないために、バランスの良い食事と睡眠を心がけていきましょう!

関連記事

  1. お酒の影響

  2. 糖尿病の症状を緩和・予防

  3. 玉ねぎの栄養

  4. 骨粗鬆症を予防する①

  5. 不眠症とマグネシウム

  6. ベジタリアンとビーガン

閉じる