痙攣やつりを事前に予防する!

トレーニング中や夜中に、足がつったりされた経験のある方、少なくないのではないでしょうか?

つりや痙攣が起こる原因としては、ミネラル不足、水分不足、血行不良、神経が高ぶっているなどいくつか原因が考えられます。

痙攣やつりを起こさないために事前に予防することが可能です。

痙攣やつりを予防するには

例えば、運動を行うことにより汗が出るためミネラル(電解質)を失います。
水分補給として電解質を含むものを補給していれば良いですが、ミネラルを含む飲み物を摂取していなかった場合(水のみ)、ミネラルが不足して筋肉が伸び縮みしにくい状態になってしまい、痙攣やつりが発生してしまいます。

他には、血行不良により、電解質が体中に行き届かず痙攣やつりを起こしてしまう場合。

アスリートやトレーニーなどハードにトレーニングをされる方は、高ぶった中枢神経のままで、筋肉をコントロールすることができず、伸びたまま収縮ができなくなってしまって起こるというのも考えられます。

痙攣やつりが発生した場合は、患部を温めてあげることが必要です。

痙攣やつりは、しっかり予防をしておけば避けることはできます。
パカリや0S1などを活用したりして、しっかり電解質(ミネラル)の摂取も意識してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 鉄欠乏

  2. 不溶性食物繊維の効果

  3. 疲労を感じたら

  4. 食品の区分

  5. ポリフェノールの効果

  6. ダイエット時陥りがちな問題点!

閉じる