お風呂は危険❓❗️

『どうもこんにちは河﨑です。』

皆さんお風呂での死亡者が交通事故より多いということをご存知でしょうか?

これから冬になるにかけて、お風呂には危険な一面があるのです。

最近では、入浴で亡くなる方が年間1万9000人と言われています。

その多くは、ヒートショックと呼ばれる身体の急激な温度変化が原因とされています。

ヒートショックとは

大きな気温の変化によって血圧が急激に上下し、心臓や血管にダメージを与えることをヒートショックと呼びます。

ヒートショックは家の中の温度差が原因で起こり、冬に暖かい部屋から気温の低い浴室に入った際には注意が必要です。

対策としては、脱衣所を温めてできるだけ温度差を発生しないよう心がけることが重要です。

ヒートショックに気をつけるべき人

🌟高齢者→→→65歳以上の高齢者は体感温度を感じにくく、血圧を正常に保つ機能が低下するため

🌟熱いお風呂を好む方→→→熱いお湯に浸かると血圧が一気に上がり、数分後に急下降するため、血管に大きな負担を与えるため

🌟長風呂を好む方→→→長時間入浴していると発汗を促し血液が濃くなり、脳梗塞や心筋梗塞のリスク増大

🌟飲酒後にお風呂に入る習慣がある方→→→飲酒後の入浴は血圧が二重に下がるため危険

ヒートショックを予防する習慣

・お風呂を出る時はゆっくり立ち上がる(めまい・失神の防止)

・誰かに声を掛けてから入浴する(すぐに発見して処置すれば溺死を防げる)

・浴槽に手すりの設置(転倒防止)

・食後すぐに入浴しない(血圧の変動を少なくするため)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ドケルバン病

  2. チートデイって!?

  3. 膝蓋骨不安定症~概要~

  4. 偏平足

  5. 滑液包炎

  6. 頚部捻挫

閉じる