運動でストレスから身を守る

日々の仕事や人間関係でストレスを感じていませんか?

心身ともにストレスを感じ、以前は楽しかった運動に対しても気力がなくなっている。

運動するとさらに疲れるから、休みの日は家でダラダラする。

実は運動で、日々感じている慢性的なストレスを解消できます。

脳由来神経栄養因子(BDNF)

運動することで、脳由来神経栄養因子(BDNF)が増加します。

BDNFは脳細胞の成長と機能、生存の促進に関わります。

その働きによって運動後はBDNFが満たされており、ストレスから脳を守ってくれます。

 

その為には何を注意して運動すればいいのか?

それは負荷の設定です。

運動の負荷→回復 この過程を経て身体はストレスに対して強くなります。

しかし、負荷が高すぎるとすでにストレスを抱えている身体にとっては、

回復が遅れ運動による効果が得られなくなります。

 

負荷はややきついと感じる強度に設定しましょう。

 

関連記事

  1. 食物繊維の効果

  2. 関節唇損傷

  3. 二日酔いにはアミノ酸を

  4. 温熱刺激の効果

  5. 腰部の不安定性と股関節可動域低下の関係性|フィジオ福岡 コンディショニ…

  6. 睡眠とカフェイン

閉じる