寝る子は育つの真実

寝る子は育つ。睡眠を十分に取ると身長が伸びる。

これは寝てる間に「成長ホルモン」がたくさん分泌されるからです。

 

では、なぜ睡眠中にたくさん成長ホルモンが分泌されるのか?

睡眠中は飲食ができないので勝手に血糖値が下がります。

すると低血糖になり脳に栄養が供給できなる為、昏睡状態になります。

昏睡状態になると、自分では起きれなくなり最悪死に至ります。

最悪の状況を回避するた為に、成長ホルモンが短期的に血糖値を上げてくれます。

 

そして、成長ホルモンは長期的な働きとして肝臓に作用し、IGFー1という別のホルモンを分泌を促します。

IGFー1は筋肉や骨に働きかけ、その成長を促進します。

その為、十分に睡眠時間を確保することによって

成長ホルモンがたくさん分泌され身長が伸びます。

子供の成長の為にも睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

 

関連記事

  1. オリンピックの新競技(サーフィン)

  2. 骨粗鬆症を予防しよう②

  3. 加齢による身体の変化

  4. 挫滅症候群

  5. ダイエット中、人工甘味料は避けるべき?

  6. 疲れと自律神経

閉じる