健康と運動 ホルモンの働き

健康の為には運動が大事。というのはよく言われていますが

実際身体の中で何が起こって、どんな影響があるのか

まで考えたことはありますか?

今回は運動とホルモンの関係について説明します。

運動は治療薬になる

運動をすることであらゆる病気の予防や治療になります。

メタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病などは運動によって良くなります。

それは、運動によって血流が良くなることで細胞からたくさんホルモンが分泌されます。

血管を通過したホルモンはそれぞれが働くべき細胞にたどり着きます。

そしてホルモンは与えられた仕事をこなします。

 

その働きによって血圧や血糖値を下げてくれます。

なので、病気の予防や治療には運動やホルモンの働きが重要です。

その為にも日常的に運動を行いましょう。

 

 

関連記事

  1. 運動誘発性喘息とは

  2. 外反母趾と内反小趾

  3. ながら観、ながら食べは良くないのである。

  4. 目的別のサウナの入り方

  5. 自分に合った靴を探そう!

  6. 基準値の見方

閉じる