IAP呼吸

IAP呼吸は腹圧を高めた状態で呼吸をすることであり

よく耳にする腹式呼吸とは異なります。

腹式呼吸は呼気時に腹部を凹ませ、吸気時に腹部を凹ませる

IAP呼吸は、呼気時、吸気時ともにお腹を膨らませます。

 

お腹を膨らませると、腹圧が高まり腰部周りが安定します。

つまり、IAP呼吸は常に腹圧が高まった状態で呼吸を行います。

 

IAP呼吸のメリット

IAP呼吸では腹圧が常に高まっている状態で脊柱が安定し、

無理のなく姿勢を整えることができます。

身体の軸が適切なポジションに位置すると、中枢神経からの指令の通りもよくなり

頭と身体の連携も良くなります。

それによって無理な動きがなくなり、身体の負担も軽減します。

 

仮に、身体が適切なポジションから崩れても、IAP呼吸を実施すれば

再び適切なポジションに戻すことができます。

 

もし、身体が歪みバランスが崩れると

脳からの指令はうまく伝わらず、余分に力を発揮してしまい

力みやすかったり、慢性的に疲労を感じやすくなります。

 

やり方

①椅子に座って背筋を伸ばす。

②5秒かけて鼻から息を吸う。※お腹を膨らます。

③5〜7秒かけて口から吐く。※お腹を膨らませたまま、肩が上がらないように。

これを5回繰り返します。

座ってできるようになったら立ってやってみましょう。

 

 

関連記事

  1. ダイエットとお酒

  2. 熱中症

  3. コレステロールは善か、悪か?|フィジオ福岡 健康科学

  4. ランニングにおけるプロネーションを考える。

  5. お風呂は危険❓❗️

  6. 筋筋膜性腰痛症

閉じる