運動はメンタルを改善する

日本人は欧米人と比較して、不安障害やうつ病が多いことが知られています。

精神医学や脳科学では、この原因を「セロトニン」の発現量の違いであることが明らからにされています。

日本人の97%はセロトニンの発現量が少なく、ネガティブなことに対して強い不安を持ちます。

これによって、日本人特有の「真面目」「几帳面」「責任感が強い」「人間関係のトラブルを嫌う」などの性格を形成するのです。

これが、不安障害やうつ病を発現させる基盤となります。

有酸素運動による改善のメカニズム

有酸素運動が不安を改善させるメカニズムとしては、幸福感を高めるセロトニンやエンドルフィン

といった神経伝達物質、神経栄養因子の関与が示されています。

そのほか、有酸素運動は安静時の心拍数を減少させるため、不安に感じた時の心拍数の増加を相対的に抑える効果があります。

 

日本人はセロトニンの分泌量が少なく、不安障害やうつ病を発病しやすい性質を持っています。

欧米人に比べてメンタルヘルスに問題を抱えているケースが多いので、運動によって予防をしましょう。

 

 

 

関連記事

  1. ネギを食べると頭が良くなる?

  2. 若年スポーツマンの骨・関節の成長と障害 | フィジオ福岡 成長を考える…

  3. スタミナを維持するための貧血予防

  4. よく噛むことのメリット

  5. 胃下垂は健康に良い?

  6. もはやコーヒーは「見る」ものだ。

閉じる