脳の栄養因子ニューロトロフィン

ニューロンの生存および成長には、それを可能にする栄養因子(タンパク質)が必要です。そういった栄養因子を総称してニューロトロフィンといい、ニューロンが支配する筋、その他の構造やアストロサイトによって産生されます。これらはニューロン終末の受容体と結合し、細胞内へ取り込まれ、次いで逆行性軸索輸送によって細胞体へ運ばれます。

ニューロトロフィン

細胞体で、これらニューロトロフィンは、ニューロンの発育、成長、生存に関与するタンパク質の産生を促進させます。また、ニューロトロフィンはニューロン内でも作られ、これは順行性に終末まで輸送され、そこでシナプス後ニューロンの健全性を維持しています。ニューロトロフィンの中には、神経成長因子(nerve growth factor : NGF)、脳由来神経栄養因子(brain derived neurotrophic factor : BDNF)ニューロトロフィン3(neurotrophin3 : NT-3)ニューロトロフィン4/5(neurotrophin4/5 NT-4/5)などがあります。
この他にも、成長に影響を与える因子が存在し、シュワン細胞およびアストロサイトから産生する、毛様体神経栄養因子(ciliary neurotrophic factor : CNTF)は損傷を受けた脊髄および胎児の脊髄の生存を促進させます。

ニューロン成長の調節

その他、グリア細胞株由来神経栄養因子(glial cell line derived neurotrophic factor : GDNF)や、白血病阻害因子(leukemia inhibitory factor : LIF)、インスリン様成長因子1(insulin like growth factor : IGF-1)、トランスフォーミング成長因子(transforming growth factor : TGF)、線維芽細胞成長因子(fibroblast growth factor : FGF)、血小板由来成長因子(platelet derived growth factor : PDGF)などがあります。
このように、ニューロン成長の調節は複雑な過程によって行われます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる