缶詰を活用!

前回、フィッシュオイルと筋トレの効果についてお話しました。

魚には、EPA・DHAが含まれていますが、
EPAには、血管の老化を予防し、血液の流れをよくする効果があり、心臓に負担をかけずに酸素が運ばれやすくなるので、トレーニングされてる方には必要です!

筋肉痛や腰痛、花粉症の炎症を抑える効果や、疲労回復にもなるので筋肉を作るためには積極的に摂るようにしたいものですね!

缶詰だと新鮮な魚を空気を抜いて入れているため、酸化されない状態で、EPAやDHA,たんぱく質を摂取できるので、缶詰の活用されるのもオススメです!

缶詰だと塩分が高い傾向にあるため、量を抑えたり、味噌煮より水煮を選んでいただくなどの工夫をされると良いです。

このように缶詰などを活用されながら、魚の摂取を意識していきたいものですね。

関連記事

  1. クレアチン効果を効率的に

  2. たんぱく質について

  3. 卵の栄養素を効率的に摂取する方法

  4. 夜中にポテトチップスが食べたくなるのはなぜ?

  5. 食欲をコントロールする方法!

  6. トマトの効果

閉じる