なぜから始める

なぜから始める。

トレーニングやエクササイズをする上で

「なぜやるの?」という問いかけることをお勧め致します。

「What(なに)How(いかに)Why(なぜ)」ではなくて、

「Why、How、What」の順に、なにからではく、なぜから始める。

例えば、トレーニングで「なぜこれをやっているんですか」と言った時に有名なコーチが言っていたからとか自分がプレイしていた時にこうしていたからとか(なに)を並べている事があります。

自分の体験やトレーニング方法を学ぶのは当然ですが、なぜそのトレーニングが必要なのかという意図と過程追加すれば、理解力が深まりより良いトレーニングができるのです。

関連記事

  1. 近年の運動のパターン化にみる運動理論の限界|フィジオ福岡 運動科学

  2. 運動による消費エネルギーとリカバリーのための摂取エネルギー|フィジオ福…

  3. タンパク合成装置としての筋細胞|フィジオ福岡 筋力トレーニング

  4. 動作パターンの質的制御と認知|フィジオ福岡 運動制御アプローチ

  5. 小児における運動感覚機能の発達|フィジオ福岡 子どもの発達からみる小児…

  6. 「動感身体知」における定位感能力の重要性 | フィジオ福岡 定位感覚の…

閉じる