自分で自分を励ますトレーニング。

トレーニングをより良いものにするのに、フォームや方法、食事やウェアなどさまざまありますが、メンタルテクニックもそのひとつです。

これは原始的に思われるかもしれませんが、自分で自分に気合を入れる方法です。

最近ではスマートフォンを使って、それを行うことも勧められます。

たとえば、難しいトレーニングを行っている時や重要なプログラムの遂行している自分に向けた、自分自身による「かけ声」を録音しておくというものです。

何レップ行うのか、どう感じながらセットを行っているかといったことを語りかけます。

この方法は、教官的な口調によく反応する人もいれば、穏やかな口調によく反応する人もおり、それは自分に合う方法を探っていくと良いでしょう。

内容はあまり長くない方が良いとされます。

このように声を録音して自分を自分で鼓舞しながらトレーニングを行うことはひとりでもパーソナルトレーニング的にトレーニングが感じられるかもしれません。

いま、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. インターバルトレーニングとは

  2. 体幹構造と分節安定性|フィジオ福岡 コアトレーニング

  3. クレアチンとは

  4. 体幹機能と運動パフォーマンス | フィジオ福岡 運動科学

  5. IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ|フィジオ福…

  6. トレーニングにおけるピリオダイゼーションを考慮する為のポイント

閉じる