プロテイン WPCについて

普段、トレーニングをされている方が一番多く摂取しているサプリメントはプロテインではないでしょうか。

プロテインにもたくさんの種類があります。
一般的に馴染みの深いホエイプロテインや牛乳由来のカゼインプロテイン、大豆由来のソイプロテイン、卵由来のエッグプロテイン、牛肉由来のビーフプロテインなど様々です。
これらのプロテインには、吸収速度が違います。
目的によって摂取するプロテインのタイプを変えるのも大切なことです。

プロテインの中でも1番吸収率が高いとされているプロテインがホエイプロテインになります。

プロテインの種類

ホエイプロテインの中にも3種類、WPC、WPI、WPHと製法・吸収率が異なります。
ここではホエイプロテインについてお話していきます。

ホエイとはヨーグルトの上の部分に透明な液体が溜まっているもの。
日本語でホエイとは、乳清と呼ばれ、牛乳からカゼインを取り除いたものになります。

WPCは、フィルターのようなもので牛乳をろ過しタンパク質を取り出し、不要な部分を取り除いて濃縮したもの。

プロテインのパウダー全てがたんぱく質なのではなく、たんぱく質含有量は60~80%と言われています。
ろ過の過程で乳糖が含まれてしまうので、糖質の摂取をできるだけ避けたい方や牛乳を飲んでお腹の調子がおかしくなる方(乳糖不耐症)は避けた方が良いプロテインです。

バルクアップをされている方などにはすごく適したプロテインになります。

一般的にホエイプロテインとして流通しているものの多くがWPCなのです。

次回は、ホエイプロテインのWPIについてお話していきます。

関連記事

  1. たんぱく質の効率の良い摂取方法①

  2. 免疫を上げる

  3. 脂質の消化

  4. アスリート減量

  5. 旬の食材 オクラ

  6. 怪我と栄養

閉じる