グルテンフリーって身体に良い!?

「グルテンフリー」という言葉、よく聞かれますよね。
ダイエットや健康に良いというイメージがあり、小麦を材料とした食材を選ぶ時に気をつかわれている方多いのではないでしょうか。

グルテンとは、小麦に含まれるたんぱく質の一種です。
パンやうどんなどのもちもち感がグルテンなのです。

『グルテンフリー』食事療法

グルテンフリーという食事療法は、セリアック病(小麦に含まれるたんぱく質は消化・吸収がされにくく腸に残りやすい傾向にあります。その一部が腸の壁を傷つけて炎症を起こし、食欲不振、消化吸収不良やパフォーマンスの低下などを引き起こしてしまう病気のこと)の方への食事療法です。

または、小麦アレルギーを持っている方がグルテンをきっかけにアレルギー反応を起こすことがあるので、グルテンを取り除いた食事によってアレルギー反応を抑制するということが期待できます。

グルテンフリーと聞くと、ダイエットに効果的と思われがちですが、グルテンを取り除くことによって脂肪燃焼効果があるということはほとんどありません。

グルテンフリーとは、グルテンを摂取することで体調が悪化する人へのアプローチの一つです。

グルテンフリーの製造

グルテンフリーの食材で人工的に作られた食材は、精製糖質が添加されているものが多いのが現状です。
グルテンフリーの食材は、100gあたりの糖質量が高い傾向にありその他の微量栄養素が欠損している可能性があります。
グルテンフリーではない、小麦製品はグルテンは含まれているもののビタミンやミネラルが含まれています。

グルテンフリーの食材を選ばれる際は、この知識を活用されると良いですね!

関連記事

  1. タピオカの栄養素

  2. ビタミンCの摂取を意識する!

  3. 怪我と栄養

  4. 冷え性

  5. ビタミンCをより必要とする人とは!?

  6. ミネラルの働き

閉じる