お酒のおともに

お酒を飲まれる時に、おつまみとして枝豆を食べられる方多いのではないでしょうか?

枝豆は大豆を未成熟の段階で収穫したもので、良質な植物性たんぱく質を含みます。

枝豆の栄養成分

枝豆に含まれている必須アミノ酸の一つであるメチオニンは、脂肪燃焼効果があります。
また、糖質の代謝に欠かせないビタミンB1や、
アルコールで消耗してしまう肝機能の回復を促したり、血圧を下げる働きのあるビタミンC、
体内の塩分濃度を保ち血圧調整をしてくれるカリウム、貧血を予防する鉄を豊富に含みます。

このような成分が、アルコールの分解をサポートして二日酔いの予防に役立つということです。

お酒のお供に枝豆がよく食べられているのは理にかなっているということですね!

ぜひ、お酒を飲まれる際は、お酒の摂取量にも気をつけていただきながら、お供に枝豆を摂取されることをおすすめします。
ふり塩は天然塩でミネラルをプラスされるとさらに良いですね!

関連記事

  1. 食事でガン予防②

  2. 怪我の回復と栄養②

  3. 貧血のリスク

  4. 糖尿病を予防しよう

  5. 糖質の必要な理由

  6. 食事でガン予防!

閉じる