しゃがみ込まないスクワットの効果とは

トレーニングの王道のスクワット。

誰もが羨むような見事な下半身を作り上げた歴代の猛者たちは往々にしてフルボトムスクワットをチョイスしてきました。

そのためクォータースクワットは軽視されてきた傾向にあります。

しかし、クォータースクワットはサイズアップへはそこまで強く貢献しないものの、パフォーマンスアップには多いに貢献することが知られています。

例えばジャンプ動作ですが、このときに深くしゃがみこんでジャンプする人はほとんどいません。

大体のジャンプの予備動作はクォータースクワットレンジで行います。

実際に、それぞれの被験者グループにクォータースクワット、フルボトムスクワット、ハーフスクワットを16週にわたって行わせた結果、クォータースクワットを行った被験者のほうがダッシュと垂直跳びの増加の幅が大きかったことが研究によって分かっています。

パフォーマンスという目的から考えると、このクォータースクワットは爆発的な筋力発揮とともに行うべきでしょう。

関連記事

  1. 姿勢制御と立ち直り反応|フィジオ福岡 転倒予防トレーニング

  2. 小児における運動感覚機能の発達|フィジオ福岡 子どもの発達からみる小児…

  3. 筋タンパクの同化と異化について|フィジオ福岡 同化と異化について考える…

  4. 筋肉は働き過ぎると・・・

  5. そもそもパワーとは

  6. ハンドボール選手におけるアジリティ能の重要性 |フィジオ福岡 ハンドボ…

閉じる