より軟らかい身体をつくるためには

身体か硬いという方たくさんいると思います。
身体が柔らかくなりたいという方もたくさんいると思います。

人間の身体は何もしなければどんどん硬くなります。

柔軟は毎日継続することが一番のポイントなのです。

部活動でコーチなどが背中を無理やり押さえ込んで痛いのを我慢しながらストレッチしているのを想像する人もいるかもしれません。
このやり方でも続ければある程度は効果はでます。
しかし、痛みを我慢して無理やり行うと、筋肉を痛めてしまったり、切ってしまったりします。
一度痛めてしまうと、治るまでにかなりの時間を使いますし、治る過程で筋収縮してしまう為、筋肉が固くなってしまいます。

では、どのようなストレッチを行うと効果的なのでしょうか?


柔軟運動のポイント


①リラックスしましょう。
筋組織の緊張が起こらないようにリラックスしましょう。

②息を止めない。

③身体が温かいときに行いましょう。
風呂上りなど全身が温まっているときが効果的です。

筋トレだけに偏ると、パワーは上がりますが可動域は狭くなる可能性があります。
柔軟性を高めながらパワーも上げないとケガの予防とパフォーマンスアップには繋がりません。
柔軟は毎日継続することが一番のポイントです。ぜひ柔軟運動を続けていきましょう。

関連記事

  1. 横隔膜の呼吸機能と姿勢安定化システム|フィジオ福岡 横隔膜の科学

  2. 1Gの重力と運動と骨の形成の関係|フィジオ福岡 高齢者のためのトレーニ…

  3. 発達における姿勢コントロール|フィジオ福岡 運動発達と姿勢のコントロー…

  4. 体重の構成要素と体格指数|フィジオ福岡 ダイエットの科学

  5. 運動制御の中枢であるcentral nervous system|フィ…

  6. 股関節唇損傷~発生機序と病態~

最近の記事

  1. 2020.03.15

    免疫とは
  2. 2017.02.19

    筋紡錘とは
  3. 2016.12.06

    脊柱管狭窄症

カテゴリー

    閉じる