アスリート減量の考え方

競技によって体重の減量をしないといけない場面も多くあると思います。
そのため、脱水法や極端な食事制限を行って目標体重を達成しようとしている方多いのではないでしょうか。

体脂肪の減少にはある程度の時間がかかります。
減らしたい体重量によって、減量の期間も変わってくるということを理解することがまず大切なことであり、体にかかる負担と危険度が大きい極端な減量は避けるようにしたいものです。

減量計画を立てる

減量を行うには、エネルギーバランスを、エネルギー消費量が摂取エネルギー量を上回ると言う状態を作る必要があるため、摂取する食事量を減らしていくか、ジョギングなどの有酸素運動を取り入れてエネルギー消費を増加させる必要があります。

食事においては、過剰な脂質、砂糖、アルコールなどの高エネルギー食品を減らして、低エネルギー食品の緑黄色野菜、海藻類、きのこ類などを積極的に摂取することをお勧めします。

また、肉類・魚類の脂肪分の多い部位を避けて茹でる、蒸す、煮るなど低エネルギーとなる調理法を心がけていただくのも必要です。

貧血の予防やコンディション維持のためにも鉄分などのミネラル・ビタミンの摂取も心がけていただきたいと思います。

減量期間をしっかり設けて、計画をしっかり立てることが必要ですね。

関連記事

  1. 代謝をあげよう①

  2. 固形か液体で摂るたんぱく質

  3. 内臓脂肪が落ちにくい理由

  4. 食事誘発性熱産生

  5. 私たちに必要な『酵素』

  6. 腸内環境は3日で変わる!?

閉じる