アドレスの重要性

ゴルフコース内でも練習場同様に打てればどんなにスコアが良くなることか。

誰しも思うことです。

緊張・力み・練習場とは勝手が違う環境など理由はさまざまですが、間違いなく練習通りのスイングじゃないってことは分かります。

そこで大事にしたいのがアドレス。

スコアのためにも正確なスイングのためにも、自分の姿勢を把握しておくことがとても重要と言えます。

自分の感覚と正しい認識両方大切


アドレスが悪いとすなわち身体のバランスも悪くなり、テイクバックの際に重心がズレる、インパクト時に上体が逸れるといった問題が起こります。

自分のカラダなんだから自分の動けるようにスイングすれば良い、といった認識かは分かりませんが、個性的なアドレスやスイングをする方もたくさんいらっしゃいます。

練習やコースの経験を重ねるうちに出来上がったフォームです。

これはこれで構いませんが、しばらくゴルフをしない時期が続くことで感覚を忘れてしまい良いショットができなくなる、といったパターンもままありますので、正しいアドレスの認識も大切です。

正しいアドレスが出来るようになるということは、スイングのときに左右へ状態が動かずにインパクトのとき身体と頭とクラブが一直線となり理想のボールを打てるようになるということです。

自分に合った正確なアドレスを身につけるためには、ゴルフ練習場などにある鏡で自分のアドレスを見ることが大事になります。

まずは自分の感覚と正しいアドレスのすり合わせ作業が必要。


誰しもが初めは違和感を感じるのがいわゆる正しいアドレスですが、今までに同じような体勢になったことがないため感じるのは当然なのです。

とはいえ明らかに動きづらいよな、といった感覚であれば、それに執着しすぎないのも一つのポイント。

無理に合わせるのではなく、改善すべき点や問題箇所が浮かび上がっているという局面です。

アドレスに無理に体を合わせるのではなく、柔軟性や可動域、筋力など体の方を改善していけば良いのです。

良いアドレスが出来ることで自然とスイングも改善される方もたくさんいますので、アドレスの基本を押さえることは間違いなくメリットです。

あまりにもチェックをする項目があるためにスイングがスムーズに出来なくなったという方は、正しいアドレスをランドマークに構築し直すといった方法も良いかもしれません。

関連記事

  1. ゴルフによくある怪我

  2. スイングで力を出すための考え方

  3. 遠心力

  4. メンタルトレーニング

  5. JOINT BY JOINT―関節の役割―

  6. 肘部管症候群とは|フィジオ福岡コンディショニング

閉じる