「痛み感覚」とニューラルネットワーク

慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。

脳の感覚中枢は痛み体験の中枢ではない。

末梢神経が侵害刺激を受けると、その痛み情報はまず視床に伝えられることになります。視床は身体中から様々な身体感覚や自律神経情報などが集積する場所です。この視床は視床内部や大脳皮質、そのほかの脳領域と情報のやりとりを行って、痛みの情報を感覚中枢に伝達する働きを担っていると考えられています。

しかしながら、脳の感覚中枢は痛み体験の中枢ではないことを忘れてはいけません。あくまで視床は、身体のどこからきたどれだけの強さの痛み情報であるか、ということを識別するだけの場所になります。この視床の内側核群では、受け取った痛み情報を扁桃体や海馬など大脳の辺縁系へ伝えることになります。そこでは身体的な痛み情報に痛みを受けた経験の記憶と、つらさ、苦しさ、怒り、不安などの感情が加え、情報の複合体である「痛み感覚」を形成し、その「痛み感覚」がこそが人の主観的な痛み体験のもととなっています。最終的には内側前頭前野において、さきほどの「痛み感覚」と脳の他部位からくる情報をすべて統合したかたちで、記憶の回路へ組み込むかどうかを決定していくのです。

恐怖や怒りなどの感情のみで、「痛み情報の記憶」=「痛みのニューラルネットワーク」が容易に惹起される。

急性痛の場合、身体からの痛み情報は一時的なものであり、やがて前頭葉は記憶への組み込みを指示しなくなっていきます。この場合、扁桃体の活動は次第に終息し、痛みの情報の記憶が定着することはないとされています。しかし、身体からの痛み情報が長期に出続けたり、扁桃体を刺激する、恐怖、不安、怒りなどの情動が繰り返されるような場合は、「痛み感覚」という短期記憶が定着し、それによって脳では主観的な「痛み体験」「痛みのニューラルネットワーク」ができあがることになります。

ここで大事になってくるのは、扁桃体を刺激するものは、過去の感情を呼び起こさせる出来事や不安を起こさせる精神的ストレスにより体内で不安増強物質が増えること、あるいは自律神経のバランスを崩させる外部刺激などいろいろなものが存在するということです。精神的に自己を不安にさせる出来事や、気候変化などによってさえ、その外部刺激によって痛みが悪化する体験をするということも考えられます。もしこのような刺激を何度も繰り返し受けていると、扁桃体は常に過敏になりわずかな刺激にも反応するようになってしまい、感情がトリガーとなった「感情をともなった痛みの記憶」、つまり「痛み感覚」が蘇ってきてしまうことになります。つまり身体からの痛み情報がなくても、恐怖や怒りなどの感情のみで、「痛み情報の記憶」=「痛みのニューラルネットワーク」が容易に惹起され、これが「痛み感覚」として起こってしまうということになります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる