伸筋不全と関節水腫について

人間の構成成分のほとんどは水分です。

そのため何らかのダメージを契機に体中の至るところに水分が溜まってしまいます。

膝に水が溜まるというのはその代表です。

膝関節が腫れたり水が溜まったりすると、伸筋不全(Extension lag)の可能性が高まります。

伸筋不全とは簡単に言えば膝の前の筋力が低下することが膝が伸びなくなる状態のことをいいます。

なぜ膝が腫れたり水が溜まると伸筋不全になるのかというと、腫脹が膝の関節内圧を増加させ、物理的に膝関節の最終域での伸展を制限してしまうからです。

そしてこの関節内圧によって膝の前の筋、大腿四頭筋の活動も反射的に抑制されます。

そのため、膝が伸びず、大腿四頭筋活動も抑制されるために伸筋不全が起こるという流れになります。

伸筋不全は膝関節の永続的な問題となることが多く、さまざまな疾患の原因にもなり得ます。

したがって膝関節に腫脹や水腫などができ、重度でない場合には循環改善や代謝のために負担のないレベルでの関節運動を行っていく必要があります。

それと平行して膝前方の筋群の強化や原因となるストレスの軽減などを行っていくと良いでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる