強剛母趾について

第1中足指節関節における伸展可動域制限は、強剛母趾または強直母趾と呼ばれます。

これはいわゆる母趾の変形性関節症であり、疼痛や大きな機能・能力障害を引き起こします。

歩行や走行の際、母趾は少なくとも40°伸展しなければならず、強剛母趾による伸展制限は、これらのメカニズムは変化させてしまいます。

強剛母趾の多くは、中足指節関節における退行性の関節疾患によって生じ、進行性に障害を引き起こします。

保存療法として靴を改良することもありますが、より重度になると外科的手術が適応となります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる