Ia抑制性介在ニューロンと共収縮

筋紡錘からのIa群線維は運動ニューロンに直接興奮性の接続があることが分かっています。

この求心性の線維は拮抗筋を支配する運動ニューロンを抑制するIa抑制介在ニューロンにも連絡しており、相反性神経支配となっています。

この抑制は伸張反射が引き起こす運動に抵抗するような筋収縮が起こるのを防いでいます。

このIa抑制性介在ニューロンは、随意運動中の筋収縮の協調にも用いられます。

これは主動作筋と拮抗筋の同時収縮を必要とするような場面で、運動に対して正確性と関節への安定性をもたらします。

ひとつの例として、ボールをキャッチするような場面では肘の屈筋と伸筋が共収縮する現象がみられますが、このとき上位運動中枢がIa抑制性介在ニューロンを介して興奮と抑制の入力のバランスを調節することで、筋の相反抑制を減らし、共収縮を可能とさせています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる