足根管症候群について

人間の体にはさまざまな神経の通り道(トンネル)が存在していますが、足の関節にも重要なトンネルがあります。

このトンネルを足根管といいますが、ここには重要な筋、腱、神経が走行しています。

そしてこうした神経が絞扼されている症状を足根管症候群といいます。

原因としては、軟部腫瘍や腱鞘炎、足の変形や外傷、スポーツ障害などが挙げられます。

主な症状は足裏の痺れや痛み、足根管の部分での痛みなどがあり、感覚障害であったり、圧痛、筋萎縮などがあります。

筋萎縮があるため、これらの問題を解決しても、何かしらの障害が引き起こされる可能性があります。

そうならないためにも足部に対するトレーニングは必要になってくることでしょう。

関連記事

  1. 温泉などを有効に使ってみませんか?

  2. 温熱刺激の効果

  3. HIITをしている方に朗報です。

  4. エコノミークラス症候群とは

  5. 免疫とは

  6. リフィードという食事法

閉じる