大転子付近の疼痛とは

中殿筋と小殿筋の過度に繰り返す活動によって大転子付近に圧痛が発生します。

この反応は股関節外転メカニズムの障害によるものだと考えられています。

すなわち、歩行周期の片脚支持期においてこれらの筋に相対的に大きな要求が頻発した結果であるということです。

大転子を中心とした痛みは中殿筋と小殿筋の付着部の滑液包炎と考えられており、この転子滑液包炎は股関節外転メカニズムにおいて過度で繰り返し起こる緊張、または腸脛靭帯によって起こされた摩擦力が原因とされています。

さらに中殿筋・小殿筋付着部の腱損傷と退行性変性が外転筋力低下を引き起こす可能性が示唆されています。

これらの痛みは、変形性関節症や腰痛などの障害に起因する「関連痛」であるため、根治的に治療プログラムを構成する必要がありそうです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる