カフェインの効果・摂取量

普段コーヒーや緑茶など飲まれている方多いのではないでしょうか?

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインの摂取は、パフォーマンスアップの向上や覚醒の向上、体脂肪の減少など様々な効果があります。

体内の体脂肪は、そのままではエネルギーとして使えません。
体脂肪は脂肪酸に分解して初めてエネルギーとして使える状態になりますが、カフェインは、
その分解の働きを活性化してくれる作用があります。

1日のカフェイン摂取量については、400mgまでとされています。
1回の上限量は200mgです。
この摂取量は、疾患を持っていない98%の方に安全とされている摂取量です。
コーヒー1杯に含まれているカフェインの摂取量は、60mgとされています。

また、カフェインの反応には個人差があります。
反応を確認しながら自分にあった摂取タイミングや摂取量を把握すると良いですね。

関連記事

  1. 間食を食べるなら・・・

  2. 春分の日

  3. 炭酸水の効果

  4. 抗酸化サプリメント摂取による効果

  5. 食べない人ほど痩せにくい!?

  6. 代謝をあげよう②

閉じる