効果的に筋肉を発達させるために

効率的に筋肉を発達させていくには、トレーニング後の筋肉の回復をどう早めるかというのが大きなポイントの一つになります。

筋サテライト細胞の作用

負荷をかけることで筋サテライト細胞が作用し、筋肉を発達させていきます。筋サテライト細胞の主要な抗生物質はタンパク質で、トレーニング後は筋肉中のタンパク質の合成レベルが高くなります。つまり、トレーニング後の回復期に筋肉は活発に作られます。この回復期の間に、負荷のかかったぶんだけしっかりとした筋肉が育つようにしてあげることが大切になります。トレーニングに慣れている筋肉だと24〜48時間かけて回復すると言われていて、普段と異なるトレーニングをした場合、筋肉の回復には2週間前後かかることもあります。この間はトレーニングを控え、高タンパクの食事で栄養補給をしっかりとすることが大切です。

いかに回復させるか

筋肉を回復させたら、間を空けずに再びトレーニングします。要するに筋肉は負荷をかけて回復という流れで発達していくので、しっかり回復させながら頻度の高い筋力トレーニングを繰り返すことが、筋肉を発達させる一番の早道となります。筋肉の増え方は人によってかなり異なります。これまでほとんど筋力トレーニングをやったことがない人ほどトレーニングを行うことで筋肉の発達は早い傾向があります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる