肘関節部の骨折・脱臼

肘関節部の骨折・脱臼には、主に肘頭骨折、橈骨頭骨折、肘関節脱臼があります。肘頭骨折は、転倒した際に肘を直接ついたときなどに起こります。肘頭が骨折すると、付着している上腕三頭筋によって骨片は牽引されるため転位が起こりやすく、その場合は手術が必要となります。

肘関節部の骨折・脱臼

症状としては、肘痛、肘関節部の著明な腫脹が見られ、骨折の転位があると、肘の自動伸展が行えません。橈骨頭骨折は、転落時などで前腕回内位で手をつき、橈骨頭へ強い軸圧が加わると生じます。肘の骨折のなかでは1〜3割の発生頻度で、健常な尺骨が支柱となるため、保存療法が行いやすいですが、転位の大きいものは手術が行われます。可動域制限や肘関節不安定性をもたらします。転位のない骨折では痛みは軽度のことがありますが、転位のある骨折や粉砕型では、肘が腫脹し橈骨頭部の圧痛を認めます。特に前腕の回旋運動制限と疼痛が強く起こります。

肘関節脱臼は、成人に多く、肩関節脱臼に次いで頻度が高いものとなります。
後方脱臼がその9割を占め、転倒の際に、肘関節が過伸展した状態で手をつくと起こります。

肘の運動構造

肘関節は前後の屈伸運動が基本であるため、側副靭帯に比べて前後の関節包の支持性が弱く、また前後方向の力に対する抵抗性は、後方の肘頭よりも前方の鈎状突起のほうが弱いために、後方脱臼が多く起こります。
小児や高齢者では骨折を起こすために、多くは成人でみられます。
また、幼児に特有の疾患に、手が末梢に牽引され、橈骨頭が輪状靭帯より抜け出しそうになる亜脱臼の状態となる肘内障があります。
典型例では、親がとっさに子どもの手を引っ張りあげるなどして起こります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる