今年もこの季節がやってきた!

今年もこの季節がやってきました。

旨味成分が豊富な、秋〜冬にかけてが旬の『牡蠣』の栄養についてお話していきます!

牡蠣には、亜鉛や鉄、銅など多くのミネラルが含まれています。
その中でも特に亜鉛の含有量は他の食品の中でもトップクラスです。
他には、タウリンを含みます。

これらの栄養素の効果としては、亜鉛には細胞の形成を促進してくれる働きや、鉄や銅が貧血を予防してくれる働きがあります。
また、タウリンには、肝臓の機能を高めてくれる働きがあるため、お酒をよく飲む方、ダイエットをしている方で肝臓の機能を高めて、基礎代謝を高めたい方にはお勧めです。

牡蠣には、生食用と加熱用があります。
食中毒を防ぐためにも、加熱用はしっかり中まで火を通して食べましょう。

このように、牡蠣には私たちが不足しがちなミネラルなどの栄養がたっぷり含まれています。
低カロリーで栄養が豊富な万能な食材と言えるのではないでしょうか!

関連記事

  1. 貧血のリスク

  2. 糖質の必要な理由

  3. 代謝をあげよう②

  4. 不調を栄養摂取で改善

  5. 眼の健康に必要な栄養素

  6. 不眠症の種類

閉じる