腸腰筋の緊張と2つの姿勢

大腰筋や腸骨筋は股関節屈曲の主動作筋であると同時に姿勢にも関与します。

腸腰筋の緊張は、股関節の伸展可動域を減少させます。

立位で頭部を水平に保とうとした場合、腸腰筋の緊張により腰椎の過伸展を伴う骨盤前傾が生じます。

しかし、脊椎の過伸展に必要な柔軟性が欠如している人の場合、直立姿勢では腸腰筋の緊張によって体幹は前傾することが示唆されています。

腰椎の柔軟性がある人の場合、腰椎椎間関節にかかる負荷の増加によって疼痛が発生する可能性があり、後者の場合、筋緊張の増大と椎間板障害が発生する可能性が高くなります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる